食べる

ゆるまち編集部

2018.10.26

ゆるまち編集部

今が旬の柿土産3選!『飛鳥びとの館』をぶらり

近鉄吉野線「飛鳥駅」を下車すると、飛鳥総合案内所『飛鳥びとの館』があります。ガイドブックもお土産もたくさんあり、とても素敵ですよ。

今回は、この時期においしい「柿」のお土産物をご紹介します!(あ、でも、ほとんど通年買えます・笑)

 

こだわりの果肉入り『柿もなか』


MBS毎日放送「ちちんぷいぷい」でも紹介された『柿もなか』。白餡を使わず、柿餡が驚くほどたっぷりと入っています。

ほんのりゆずの香りを生かした上品な味わい。
餡の中にダイス状にカットされた新鮮な柿を発見!食感も楽しめます。季節によっては凍らして食べると、アイスもなかとしてまた違ったおいしさを満喫できるかも。

『柿もなか』に『蜜珠柿』や『柿日和』などを混ぜ合わせたギフトセットも大人気。

 

朝食を彩る『柿バター』


1日3食ともパンでも大歓迎なほどパン好きの筆者。次に注目したのは『柿バター』!果物がジャムに加工されたものはよく見かけますが、今回はバターに加工されています。

一瞬、生柿とバターを掛け合わせた味が思い浮かび……ドキドキしながら……いざ、実食!

……そんな素人の考えなどプロの料理人はお見通しだったのだと反省しました。てへへ。

芳ばしいカラメルの中に,熟した柿のまろやかな匂いがほんのり広がり、食が進みます。

これは「新たな柿」との出会い!!

朝食をいつもよりワクワクさせてくれます。少し多めに塗ると何とも贅沢な余韻に浸れます。

 

噛むほどに美味しさが広がる『柿日和』

先ほど『柿もなか』のギフトセットでも触れました『柿日和』。富有柿を厚くスライスしてじっくり乾燥させたものです。適度な水分量が残っているので、しんなりとした食感が人気の秘密らしい。簡単に手で千切ることができますよ。

噛むほどに口の中に自然な甘みが広がります。
柿の自然なうまみが濃縮され、やさしい甘さにほっとします。
お土産はもちろん、旅のお供にもいかがですか。

 

ビタミンCたっぷりの柿で風邪予防を!


バラエティーに富んだ柿のお土産をご紹介しました。

みなさんの思っている柿と、イメージは変わりましたか?
冬が近づき風邪の流行る季節、ビタミンCが豊富な柿を食べると風邪予防にもなりますよ。また柿には疲労回復、老化防止、二日酔い改善にも効果があると言われています。

 

もみじが青から赤へと移り変わる様子を楽しみにしながら、今日もゆるりと時間が過ぎてゆきます。