体験

めい

2018.03.21

めい

ご縁がつながるひろがる地域交流の場『まちゃポ』②

昨日の続き…

まちゃポが色んな方たちの交流の場になって、この場所から元気になってもらいたい、そんな思いを実現させている店主喜多さん。手作り作品などの委託販売では委託する人とのつながりや交流が生まれ、購入する人はお気に入りの一品に出会え、自然と笑顔になっていく場になっています。もう一つの交流の場としての貸しスペース。

 

現在、貸しスペースでは大正琴、編み物、モラ刺繍、パッチワーク、押し絵、藁書の教室が開講されています。モラ刺繍?押し絵?藁書?私には未知の言葉ばかりです。

・大正琴→第1、第3木曜日 13:00~16:00

・編み物→第1、第3水曜日 13:00~16:00

・モラ刺繍→第2、第4水曜日 13:00~16:00

・パッチワーク→第2、第4木曜日 13:00~16:00

・押し絵→第2金曜日 10:00~16:00

・藁書→第3金曜日 13:00~16:00

(教室に参加されている方の作品です)

教室に参加されたい方はまちゃポまでお問い合わせください。風情ある土佐街道沿いの古民家で新たな趣味を始めてみませんか。

また、この貸しスペースを使って何かされたい方は、半日¥500、1日¥1,000で貸していただけるそうです。他にも壁や飾り棚などに作品を1ヶ月間無料で展示していただけます。半年先まで展示内容は決まっているようですが、気になった方はお問い合わせしてみて下さい。ご縁がつながる一歩になるかもしれませんよ。

まちゃポさんは交流の場の名の通り取材中にも色々な方と出会えましたが、偶然藁書の先生にも出会いました。飾られていた先生の作品を見ていた時は、勝手に恰幅の良い着物を召したおじさまを想像していたのですが、予想に反して笑顔の素敵な女性でした。藁の筆で書くというのも驚きですが、先生のギャップにも驚きです。

このご縁つながりで、次回は藁書です。

新たな趣味を始めてみようかなと思いめぐらせながら、今日もゆるりと時間が過ぎていきます。