会う

ゆるまち編集部

2018.03.23

ゆるまち編集部

【藁書 野中先生に聞く②】幸せな言葉たち

野中先生がはじめて藁で描かれた文字に出逢われたとき
「これ、できる!!」

「やりたい!」
と真っ先に思われたそう。

 

きれいな字はいいなと思うけれど
楽しい字に魅力を感じられ
こんなのあっていいじゃない?
という字の方がお好きだそうです。

 

そして先生は微笑んでこう仰いました。

「藁書には幸せな言葉が多いでしょ」
と。

確かに藁書には
人を元気にしてくれる、
幸せにしてくれる言葉が
たくさんあります。

 

描く人も

藁書を見る人も

 

幸せな気持ちになる…

 

 

そこも藁書の魅力の一つなのでしょう。

 

 

次回はそんな藁書に惹かれて
教室に通うことになった生徒さんの
お話も作品と共に
ご紹介していきます。

まちゃポさんで美味しい珈琲と
桜の香りがほんのりとするプリンを
頂きながら

 

雛めぐり終了までらあと一週間。

今週末もお天気に恵まれ

人で賑わうゆるまち高取で

 

今日もゆるりと時が過ぎていきます…