つながる

きょうこ

2018.03.30

きょうこ

『当帰市場』オープン!薬の町 高取町の名産品『大和当帰』【広告】

奈良県高取町は、昔から薬の町として栄えてきました。その高取町で県原産と言われている『大和当帰』の栽培が行われています。

大和当帰は、血行をよくする成分が入っており、根っこの部分は「冷え性」「貧血」などに効果がある医薬品として登録されています。

薬事法改正で、それまで捨てられていた葉を活用して、奈良県のあらたな特産品を作ろうと、県内の事業者によって、商品開発が進められてきました。そして、たくさんの商品がラインナップ。その商品が買えるのが「当帰市場」です。

セロリ科の当帰の葉は、独特の香りがし、チャーハンなどにも合います。

まちゃポを運営する「農業生産法人有限会社ポニーの里ファーム」でも大和当帰を栽培しています。『当帰市場』では、ファームの商品も掲載されていますよ。

やくぜん食房 焙煎大和当帰葉茶

 

大和当帰のことについてあれこれ投稿していますので、ぜひ、のぞいてください。

『当帰市場』https://touki-ichiba.stores.jp/

『大和当帰プロモーションサイト』https://yamato-touki.jp/