食べる

ゆるまち編集部

2018.04.27

ゆるまち編集部

【人にも地球にも当たり前の自然なこと~西岡愛子さんに聞く②】

前回のインタビュー後、帰宅して頂いたベジキムチはなんと『タケノコ』のキムチ。

「えっ?!タケノコのキムチですか?」取材しながら驚きの声をあげてしまった私ですが、西岡さんの作られるベジキムチは旬のお野菜を使って作られています。最初見かけたときは白菜のキムチでしたが、その後小松菜、そして今回のタケノコ、とキムチで旬を感じることのできる幸せがここにあります。

しかも帰宅してさっそく頂いたタケノコのキムチ!

本当は人に教えたくないくらい、病みつきになりそうな美味しさでした。
こっそり頂いていたのですが、食いしん坊の娘に見つかりあえなく一日の命。

旬のものですので次はないかもしれませんが、移りゆく季節と共に次の季節の恵みを楽しみに頂きたいと思います。

そしてキムチを作られる際、西岡さんが大切にしていらっしゃることがあります。それは、ご自身が体調のよいときしかキムチを作らない、ということ。
これは西洋を問わず飲食を扱う他の方にも伺ったことが何度かあります。ある会社では、体調の悪い社員はその日現場に立ち入ることを許されないそう。

今ここにある季節の旬を扱うのと同じように、きっと作り手が最高の状態で作ったものがお客様の手に渡ることを願って作っていらっしゃるのだと感じました。

『無添加・無農薬』のベジキムチとして知られている西岡さんのベジキムチですが、聞けば、そういった食事やお野菜を大切にしていらっしゃるものの西岡さんやお子様がベジタリアンやビーガンというわけではなく、「そこまで厳しくない」そうです。

「無農薬のお野菜や無添加に拘るのは、オーガニックじゃないと!と意気込んでいるわけではなく、それが本来、人にも地球にも当たり前のごくごく自然のことだと思うから」と答えてくださった西岡さん。これには私も大きく頷きました。

タケノコのキムチの次はどんなキムチかな、と旬のお野菜たちをあれこれ思い浮かべながら、今日もゆるりと時間が過ぎてゆきます…

 

野菜と果実で作った無添加ベジキムチ
ベジラブきっちん 通販サイト

URL:http://www.aiko-vegelove.com/

関連記事
【ベジキムチを創る 西岡愛子さんに聞く①】